ubokのブログ

思想、考え方

相対ということ

相対する習慣ができれば、すべての事に意味が発生し、価値が分かり、感謝できるようになる。

好きな事もあれば、嫌いな事もある。
好きな人もいれば、嫌いな人もいる。

だけど、ここで相対、つまり比較対照という視点で見ることで、全てがありがたくなる。
嫌いな人ほど、自分はこうはなったら駄目という事を教えてくれる。不憫な事ほど、人にはそういった思いをさせたくないと思わせてくれる。

相対する習慣を持つことで、敵も味方になり、ピンチもチャンスに変わる。