ubokのブログ

思想、考え方

ものづくりとネット

ものづくりについて、そのやり方をネットで調べようとしても、また本で調べようとしても、その情報は極めて少なく、ほとんどない。

ものづくりの会社が蓄積した機密情報は公開されるわけないし、これからもされない。それをもって、商いが行われているのだから。
だから、高い技術や技能を持つ人は、これからも希少価値が続く。
これまで勉強しかしてこなかった人は、テストは得意でも、何もないところから、創造して解を見出だす事は不得意な人が多い。なぜなら、そういう訓練を受けていないから。

ものづくりの会社では、ネットにカタログと問い合わせ先が記載されていれば、事は足りる。それが、情報やノウハウが拡散しない点だ。信用は、信用のある人から勝手に広がる。だから、ネットに掲載する必要はない。
ネットは、株主とリクルートが対象で掲載しているに過ぎない。

一方で、ネットに関わる人達への情報は極めて多い。
だから、ライバルも無数に現れる。