ubokのブログ

思想、考え方

今のソニー

昨日の決算からソニーの現状を見ると、非常に切なくなってしまいました。

全くソニーと関係無いのですが、第三者的な立場から言えば、子供の頃から、ソニー製品が好きで、家にはソニー製品ばかり。テレビ、ビデオ、コンポ、ウォークマン、バイオ、プレステなど。創業者の井深さんや盛田さんの話も好きで、今も憧れ続けてる人です。

さて、なぜソニーがこうなってしまったのかを考えると、それは、積極的な精神を持った、気骨ある人材がいないからだと思います。そういう方が、一人いれば、ソニーは再び、最強企業になると信じています。

アップルもジョブスさんが来て復活、JALも稲盛さんが来て復活したように、指導者一人で変わります。ソニーには、全体最適化も大切ですが、やはり、誰もが、わくわくするような製品を生み出す所に、その本質を感じ、それは偉大な創業者の信念であったと思います。

戦略について、CMOSは儲かると思います。ただ今さらスマホとゲームにピンとこないのですが、スマホの次の世代は、液晶に折り目が付かない、折り曲がるスマホ開発では無いでしょうか。そうすれば、今の時代が求めている、大画面で小サイズのニーズにぴったりです。それを自社開発し、Xperiaのみで世界販売する。そこにプレステのゲームを積める。これは、欲しいです。


ソニーの復活を切望しています。