ubokのブログ

思想、考え方

経営者たるもの

経営者たるもの、昨日よりは今日、今日より明日、成長し続けてこそ価値がある。 全従業員と家族の人生を背負い、何が起ころうとも溢れる情熱と熱意を持って、果敢に立ち向かっていく気概がなければいけない。 信念化するまで、想いが高まっていないのなら、…

成長

成長する事。今よりも強く、大きくなる事。基本は、ハードワーク。これしかない。楽して成長はしない。それは単なる膨張だ。甲子園を目指す高校生は、ハードな練習に耐え上手くなる努力をする。東大を目指す高校生は、猛勉強して合格を目指す。最高益を目指…

世の中の仕組みと起業

金持ち父さん曰く、世の中は従業員、自営業者、事業者、投資家の4つのクワドランドから成り立つ。 それぞれの役割 世の中は、投資家が事業者にお金を提供し、企業活動を通じて付加価値を生み出し、それを投資家に還元している。 投資家は、お金を出して配当…

成功する事

成功するということは、多くの人達から支えて貰っているということである。逆に多くの人達から支えて貰えなかったら、物事がうまく進まないし、成功しない。どんなに成功しても、それは多くの人達に支えて頂けているからと言うことを忘れてはならない。どれ…

毎日が勝負

1日は86400秒。 今日出来る事を必死に熟す。 毎日が勝負。 成長中は問題がどんどん起きる。 まるで腕を試されているかのように。 すぐに解決させる事。 集中して答えを探す。 悩むのは、意味がない。 考えて、考えて、考える。 絶対に答えが見つかる。 1日は…

我慢と辛抱

ついに、仕事が事業となった。 12年の月日が経って、夢が現実となった。 ものづくりベンチャー創業。 運命が来ると、意志の力を超えてトントン拍子に事が進む。 見えない力が自分を包み込む。天命に導かれているかのように。 これまで我慢と辛抱の連続。ただ…

箱根山

箱根山、籠に乗る人、担ぐ人、してまた草鞋を作る人。 人には、それぞれ役割がある。考え方も、能力も、国も、文化も全然違う。 いつの時代にも、色々な人がいて、支え合って生きているのだから、縁会って巡り会った人たちに感謝の気持ちを忘れずに、喜んで…

空っぽがいい

頭の中は、いつも空っぽがいい。 必要な事は、必要な時に話す事ができるんだなという事に気づいた。 よくこんな事思いつくなと、自分でも思うほど話しが進む。 なにせ、空っぽだと、ストレスが無い。 心が何からも捕われないから、無心で全てに没頭できる。 …

基本は一所懸命

一所懸命は、ひとつの事を一心に、力を尽くして頑張ること。だから、いつも一所懸命を基本とする。これがもし、二所懸命では、まず心が一心になれない。力が分散され、結局、中途半端で過ごしてしまう。だから、ひとつに絞って、こつこつと継続させていく。…

霊長

人間は万物の霊長である。今まで意味が分からなかったけれど、おそらく、霊はくしぶと呼んで、神秘的な力を持っているという意味、長はトップということだと思う。そこから、霊長は、最も優れて宇宙に存在する全てのトップにいるという意味派生したに違いな…

自己の検査

積極性が高く維持されているかどうかは、身の回りの現象を認識すれば、目に見える形でよく分かってくる。考え方が積極的である人は、オーラが強い。印鑑を捺印した紙をスキャンすると、オーラの強い人は印鑑が濃いし、弱い人は薄い傾向にある。 大事な場面で…

心境の変化

自分の為にする事が、人の為になるようにするという事を、21歳の時に思い立って、20代は、ただひたすら成果を求めていたが、10年以上経ってすっかり価値観が変わってしまった。それよりも自分の家族や周りにいるお世話になっている方々に、微力ながらに、な…

神経を強くする

様々な障害の根本的な原因は神経が弱ることであり、その神経さえ強ければ、何が起きても動じなくなる。神経を強くするには、やはり、感謝と歓喜を持って、日々を過ごすべきだ。楽しい事や悲しい事、怒りや不運な出来事が起きた時でさえ、まずは、 ありがとう…

時間の概念

過去、現在、未来の区切りは、未来を1秒先、現在を0秒、過去を1秒後とすれば、未来から現在になって過去となる。だから、この世は、未来から過去へ進んでいるということになる。すでに、未来で決まっていたことが、現在に現れ、過去という記憶になる。未来を…

相対ということ

相対する習慣ができれば、すべての事に意味が発生し、価値が分かり、感謝できるようになる。好きな事もあれば、嫌いな事もある。 好きな人もいれば、嫌いな人もいる。だけど、ここで相対、つまり比較対照という視点で見ることで、全てがありがたくなる。 嫌…

第二の人生へのスイッチ

当たり前の事が、感謝に変わった瞬間から、本当に幸せな第二の人生が始まる。なんでこんな簡単な事に気づかなかったのだろうと思うが、これまで一生懸命、精進してきたことこそ、この事を気付かせるための修行であったと思う。 困難を何度もくぐり抜け、やっ…

天才の定義

天才とは、天(宇宙)にある原則と法則を閃きによって受信できる、才(能力)のある人。積極性を持って、型破りな努力の上に、自分だけしか見えない世界が広がっている。ここぞというときに力を発揮し、ふと閃き、運にも恵まれる。一つの事を継続できる力が強い…

ものづくりとネット

ものづくりについて、そのやり方をネットで調べようとしても、また本で調べようとしても、その情報は極めて少なく、ほとんどない。ものづくりの会社が蓄積した機密情報は公開されるわけないし、これからもされない。それをもって、商いが行われているのだか…

ゲームの進む道

任天堂の不振は、向かうべき先が難しいが故に、普通の感覚では復活が難しい。wiiが登場したときに、ゲームと言う概念に従来から逸脱した楽しさを吹き込んで、ブルーオーシャンを作り、ゲームに興味がない層を取り込み、大躍進を遂げたのが6年前。今を見てい…

理解から自覚へ

理解した内容を、体感して自覚する所に、自分のものにする機会がある。何事も自覚しなければ、すぐに行動が出来ない。 どんなに有難い言葉、やり方でも、それを知っているだけでは無意味であり、行動して成果を出すところに価値がある。自覚するから、行動に…

IBMのシフト

半導体も切り離しに入るIBMは、時代の感覚を捉えた行動を素直に行っていると思います。どんなに優れた製品も安く作れなければ、意味が無いことをよく知っているからです。製造業は中国とASEANにシフトしています。 もの作りの利益は、製造を制してこそ、生ま…

今のソニー

昨日の決算からソニーの現状を見ると、非常に切なくなってしまいました。全くソニーと関係無いのですが、第三者的な立場から言えば、子供の頃から、ソニー製品が好きで、家にはソニー製品ばかり。テレビ、ビデオ、コンポ、ウォークマン、バイオ、プレステな…

目標に感謝する事

目標に感謝する事は、真理を理解し、現在も実践している事である。目標とは志であり、年初に紙に書き、毎日読む事を日課とする行為であるが、その時に、まず、ありがとうございます、と言う事にしている。それは、今日も目標に向かって、一生懸命に努力でき…

ストレスフリー

ストレスとは、精神が緊張すること。 ものごとが、思い通りにならない時に起きる。ストレスを無くすには、胆力の強化が必要だ。 何が起きても動じない心を持って、思い通りになる世界を作る。 だから、ストレスの概念は無くす事ができる。まず、何でも期待す…

ものごとを多面体で考える

ものごとを多面体で考える事は、判断力を強める事。光があれば、必ず影ができる。 どちらの方向からも考えれば、全体像が見えてくる。急速に進むグローバル化。 国内市場の縮小、新興国市場の成長は、国内の所得ダウン、新興国の所得アップとなって、人種と…

積極的な精神

積極的な精神こそ、自分への賢明なる指示となる。それらは、脳で発生し、中枢神経を通って、五臓六腑へ進み、体を作る。 息をする。栄養をとる。排出する。といった、人間の生命を形成する。だから、脳で何を考えるか、思うかが重要となる。ポジティブに物事…

解釈力

解釈力とは、精神的レベルと、身の回りで起きている出来事をフィルターとして、現時点で理解できる能力のこと。自分のレベルが変わったら、見える世界も変わる。好きな本を何回も読んで、毎回新しい発見や、気づきが生まれる事は、自身が、常に変わりながら…

何を伝えるか

何を伝えるか、明確であること。プレゼンでは、1ページに伝えたい内容が1つあれば十分。基本は、シンプルであること。投資家ウォーレンバフェットさん率いる、バークシャーハサウェイのホームページに、いつも感動してしまう。 ここには、事実と本質しか記…

相撲の世界

一瞬の栄光を掴むために、その努力と苦労を重ねてきた過程が見えてくることによって、真にその人の大きさも見えてくる。数秒で勝負が決まる、相撲の世界は、その事が垣間見れ、勝負が開始されるまでに息を飲む緊張感に、引き込まれる。正々堂々とした真剣勝…

体を鍛える

心を鍛えるのと、同じく体を鍛える。定期的なトレーニングや運動を通じて、体も心と同様に疲れさせる。 決めたメニューをこなすことで、決めた事をやり遂げた感覚を心と体に刷り込ませる。 頭で分かっていることを、体にも分からせる。そうすることで、心と…

オーラの強さ

オーラの強さは、信念の強さである。信念が強ければ、胆力も強くなる。 何が起きても、動じない。 いつでも、ゼロから挑戦できる。不安という概念を無くすこと。 いつも、正々堂々とありたい。内から放たれるオーラは強くなる。

目標は読むこと

紙に書いた、1年の目標は毎朝、読むこと。この何気ない行動が、目標達成の8割を占めてくる。朝に読んだら、その日は目標を忘れない。 365日、経ったら、1年間忘れなかった事になる。目標から、現実が大きく離れていたら、それは目標自体のレベルがあなたに合…

実力をつけること

実力をつけることは、人生で最強の武器になる。これさえあれば、どんなに不況であろうが、地位が低かろうが貧乏であろうが全く関係ない。自分の世界が中心で世の中が動いていく。 多くの人に感動と希望を与える事ができる。実力が無いことは恐怖であり、寝て…

根拠無き自信の大切さ

根拠の無い自信は、持って生まれた大切な感性である。やる前から、これなら一番になれるよなと思えることは、実際にそうなる。 周りの人から何を言われようが、そうなる。だから、根拠が無いのではなくて、実際にはあるけど、その時には気づいていないだけだ…

決心すること

決心することは、気づきを持って、覚悟を決めること。 決心した時から、ものごとの本当のスタートが切れる。 行動に魂が注がれ、芯がぶれない。 気づきという、自分の根拠があるから、迷いがない。 なりたい自分へ突き進む。 何をやりたいかよりも、どんな人…

挑戦すること

挑戦することは、自分との戦いに挑むこと。自分を支配する、心の弱さに、意識の力で克つこと。 どれだけ勝ち続けても、驕らず、謙虚に、いつもそういった気持ちで望むこと。戦うからには、勝つ事が絶対条件だ。 だから、何事も真剣にやることが当たり前であ…

メモすること

メモすること。メモをしないと、ざるで水を汲むように、見たこと、聞いたこと、感じたことなど、どんどん忘れていく。 1日たったら半分くらいの出来事を忘れている。だから、学ぶときはもちろん、ふと思ったことも必ずメモする。何気ない会話でも、気になる…

プラス思考であること

プラス思考の強さは、マイナスな事が起きてから、何秒経って、それをプラスな事と捉えられるかどうか。何が起きても、思考回路の行き先は、最終的にプラスであればいい。コインの裏返しのように、嫌と感じる事は、好きと感じる事ができる。 対人関係は、スト…

気づき

自分が変わる論拠。ふと思うこと、はっとすること。そういった気づきを持って、成りたい自分へ進化、成長できる。人は変えられないが、自分は変われる。 そのために、気づきが必要だ。 気づきは、人から、本から、自然から、何気ない単純作業や、ぼーっとし…

素直であること

素直であることとは、うまくいっている人の真似ができること。人は論拠があっても、理由をつけて真似をしない傾向にある。 その理由は、部下、年下、女子、新人、嫌い、低学歴、低収入、外国人などで、要はプライドが邪魔して、自分なりのやり方で出来ると思…

すぐにやること

すぐにやること。多くの人が、頭では分かっていても、すぐに行動できない。だから、成功のチャンスが目の前にあるのに、毎回スルーしていく。自分にはチャンスが無いのではなくて、誰でも平等にあるけど、それを実行していないだけ。 アイスクリームは早く食…

学ぶこと

学ぶことは、真似ることから。まずは、1番の企業や人を真似ることが、2番に早くなるテクニック。2番になったら、1番が持ち合わせていない独自性を発揮して、1番になる。上手くいかないことを繰り返しても、上手くいかない。 真似る事を躊躇する人は、真に学…

メッセージ

生まれて初めて、高い目標に向かって、本気で何かを成そうする時は、藁をも掴みたい気持ちで、不安で不安でいてもたってもいられない。懸命に努力しても、それが正しいのかさえ分からない。最終的に結果を伴わなかったら、人生が変わる岐路にたたされる。み…

前準備

前準備。これが、物事が成功する要因の8割を占めるのではないだろうか。試験の前に勉強する事も前準備であり、当たり前の事であるが、試験会場まで、何時に家を出て、どうやって行くか、朝食は何をどこで食べるか、トイレはどこでいつ済ませるか、雨が降って…

恩人

過去を点と点で結び、振り替えると、お世話になった恩人の方々に感謝しつくせない。出会いは必然だったと考え、会うべきして、会ってきたと信じている。 その時々で、支えられ、パワーを頂いた。だから、お世話になった方へ、自らの活躍が、最大の恩返しにな…

言葉が未来を作る

言葉が未来を作る。無理、できないと言えば、本当に無理で、できない。 余裕、できると言えば、本当に余裕で、できる。行動しないのに、できると言い続ける事は、できない。 行動するのに、できないと言い続ける事は、できる。 そして、できない。行動して、…

成長カーブ

成長は時間に比例して、右肩上がりになるものではなく、人間性、経験、技術、ノウハウ、市場のタイミングが、重なりあった時を機転に、成長カーブを描くのが自然ではなかろうか。まずは、人を作る。強い心と体があればこそ、それが最大の資本となる。ここに…

心地よさ

自分の周りが心地よい空間になったら、それは怠慢とマンネリが始まったと思うことにしている。これまで、自分が成長してきた過程は、いつも、心地悪い空間だった。 負けてたまるかと、無心になって、必死にやってきた。 目線を高く、周りからは、この人おか…

お墓参り

なぜ、自分はここにいるのか。それは、親が大切に育ててくれたから。 ご先祖様がいたから、自分が存在している。 お墓参りは、ご先祖様への感謝を行動で示す行為。小さい頃は、行く意味が分からなかったけど、今は分かるようになってきた。例え、地球の裏側…

高校生

限られた時間、人脈、環境。 初めて経験すること事ばかり。 社会を知れない。文武両道を目指すなら、トップを狙うなら、遊ぶ時間などない。ひたすら、勉強 、練習に明け暮れる。嫌で嫌でどうしようもないけど、どうにもならない。 生涯、最もきつい時期。 自…